山口式ライティング講座3【恐怖を刺激せよ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもです、山口雅貴です(^^♪

 

前回までの記事で人を動かすライティング講座として

・欲望
・恐怖
・好奇心

のうち欲望と好奇心を紹介しましたね。

 

どうしたら人の心は動くのか?本日は【好奇心】のお話しです。

山口式ライティング講座2【欲望を刺激せよ】

 

本日は欲望・好奇心よりもさらに強力な【恐怖】を刺激する
ライティングテクニックをご紹介します。

 




 

恐怖の感情を刺激せよ!

 

恐怖は人の心を動かす(行動させる)最も強力な動機です。

 

「~したくない、~になりたくない」という感情です。

 

怖い未来、怖い実情を見せられると
それは人の心を動かす動機になります。

 

あなたの売りたいサービス・商品に対して

それをしなかったらどうなるのか
それを買わなかったらどうなるのか

このようなデメリットの提示をできるだけ具体的に伝えていきます。

 

身の回りの恐怖を利用したサービス・商品

 

これをうまく活用して
めちゃくちゃ利益を出しているのが保険業界・防犯業界ですね。

生命保険・自動車保険
ガン保険・火災保険・地震保険・・

これらはすべて人の恐怖の感情からみんな成り立っています。

 

警備会社も生命や財産を奪われるという恐怖から成り立っています。

 

 

 

またCM業界でもこの【恐怖】の感情はものすごい効果を発揮します。

 

食器用洗剤のCMではスポンジに潜む
ものすごい数のバイ菌を見せたり

布団クリーナーのCMでは布団に潜むダニのCGを見せたり

 

それらを消してくれるのが

 

この洗剤です!
この布団クリーナーです!

 

と言われれば・・

まあ、欲しくなりますよね。

 

上記商品はCMをオンエア以降バカ売れだそうです。

 

 

ボクがネットビジネスを始めた動機も
いま現在のままだと将来やばい・・という
恐怖の感情がありました。

 

ボクが年金生活者になる頃には
年金受給年齢は今より確実に上がっているという恐怖

受給額も確実に下がっている恐怖

以前紹介した阿部寛先生の動画
「お前ら、このままだと一生だまされ続けるぞ!」の意味
を聞いて雇われの身では一生搾取され続ける恐怖

今の会社から突然のリストラ、または突然の倒産という恐怖

会社の給料のみに依存しているという恐怖

収入源がたった1つという恐怖

労働収入だけだと働くのを止めたら収入がゼロになる恐怖・・

 

そんな恐怖を消すために
試行錯誤した過程でネットビジネスに出会い今があります。

 

あなたも何かしらの恐怖や不安があるから
ネットビジネスに興味をもち、今現在やられているのだと思います。

このようにして恐怖という感情は人を強烈に動かす力を持っています。

 

ブログ・メルマガを書く際に
以下に読み手にこの恐怖の感情を起こさせるか

「~したくない、~になりたくない」と思わせるか

それを回避するためにこの商品がありますよ
これを使えば大丈夫ですよ

そういったことを意識して書いてみて下さいね。

 

 

恐怖の感情は好奇心や欲望よりもかなり強い特性を持っています。

 

例えば

明日までに銀行にいってある手続きをすれば10万得れますよ!(欲望)

明日までに銀行にいってある手続きをしないと
あなたの残高から10万円引きますよ・・(恐怖)

どちらの言葉のほうがよりあなたを駆り立てて行動させますか?

答えは明白だと思います。

 

人は得をしたい!という感情よりも
損をしたくない!という感情の方が強いのです。

 

次回は欲望・恐怖・好奇心を踏まえて
ではどうしたらこの3つをより読み手に強く伝えられるのか?

その部分についてお話ししていきます。

ライティング講座のまとめに入ります。

 

 

 

お知らせ

ネットビジネスのやり方を解説した真面目なメルマガやっています。

ネットビジネス超初心者だったボクが
何をどのようにして収益を上げてきたのか
開始して4ヶ月で月35万円を稼いだ手法
現在自動収入で月20万円稼いでいる手法
余すことなくお伝えしていきます。

DMや勧誘は一切やっていないのでご安心を(^^♪
メルマガ内のみで2017年現在7つのプレゼント
(ボクが1時間20分で24840円稼いだ手法等)をお渡ししています。
↓↓
山口雅貴の無料メルマガを読んでみる


こちらの画像をクリックして頂いてもOK!







ポチっとしてくれるとすごく嬉しいです(^^)/山口雅貴は現在何位?⇒

 



またこの記事が少しでも役に立った!面白い!と

感じて頂けましたら、記事の横か下のソーシャルボタンより

いいね!やツイート等して頂けると励みになります!よろしくお願い致します。 

コメントを残す

このページの先頭へ