• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもです、山口雅貴です(^^♪

 

今回はネットビジネスのちょっとしたウラ話を。

 




 

ネットビジネスを始めるとゼッタイに耳にする2つの言葉

 

ネットビジネスやアフィリエイトは時代遅れ

そんな風にいう人がたまにいます。

 

というかネットビジネスの世界では以下の2つの単語がよく出てきます。

 

 

それは・・

飽和後発組という言葉です。

 

飽和とは
もうすでに多くの人が参入して新規参入しても無理だよ
っていう意味でしょうか。

後発組とは
もうやり尽されているから今さら始めても遅いよー
っていう意味でしょうか。

 

 

うーん

チャンチャラおかしいですね

ボクから言わせると何言ってんの?
あほかって感じです。

 

 

飽和・後発ですが・・

ありえないだろ

 

 

現在ネットユーザーは日本だけで1億人です。

 

それだけのお客様と
それだけのビジネスチャンスがあります。

 

 

これだけの人を相手に出来るビジネス

他にありますか?

 

 

もしネット界が飽和・後発なんていったら

その他の

例えば

小売り
建設
飲食
サービス・・・

どうなりますか?

 

 

こういった業界はネットビジネス界より
もっともっと市場規模が小さいのに
新規参入者は全部飽和・後発組ですか?

 

1億人も相手に出来るビジネスが
飽和・後発なんてありえません。

絶対に

冷静に考えれば分かりますよね。

 

なぜ飽和・後発組という言葉が萬栄しているのか

 

ではなぜこんなこと言う人たちがいるのか

それはすごくシンプルです。

 

その人達は成功していないからです。
稼げてないからです。

 

自分が間違ったやり方をしていたり
行動や継続ができないうっぷんを
この業界の責任にしているだけです。

自分に原因があることを認めようとせず
責任転嫁しているだけなんです。

 

 

また逆のパターンもあります。

それはこの業界の旨みを知っている人達です。

 

そういう人たちが
新規参入者をこれ以上増やさないように
将来のライバルを増やさないように

 

わざと

飽和した!とか
後発組は無理だ!

って言っているケースもあります。

 


これがネットビジネスの世界でよく聞く
飽和と、後発組の正体です。

あなたは騙されないようにしてくださいね。

 

 

それでは本日はこの辺で