• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

どうもです、山口雅貴です(^^♪

本日はマーケティングにおいて集客力が抜群に高い【フリー戦略】を例を交えてお話しします。

 




 

フリー戦略とは

 

フリー戦略とは

無料で消費者に価値を提供し
自社ブランドや自社の商品を知ってもらう戦略
です。

 

無料・むりょう・ムリョウ・・

人は無料が大好きです。

 

あなたもですよね?

もちろんボクもです(^^)/

 

フリー戦略の例を上げましょう。

 

あなたが商店街をテクテク歩いているとします。

するとこんな声が聞こえてきました。

「今だけ無料でこちらの商品を先着10名様に差し上げています!」

 

どうでしょうか?

 

そちらを振り向き「いったい何を貰えるんだろう?」
と思わず確認してしまいませんか?

 

それだけの力を「無料」という言葉は持っているのです。

 

 

もっと分かりやすく見ていくと・・

 

携帯大手3社で一時、流行っていたキャンペーンがありますよね。

 

「来店したらもらえる」キャンペーンです。

 

人形だったり
グッズだったり
カップラーメンだったり

 

まさに【集客フリー戦略】の典型です。

 

ぼくらの身近はフリー戦略であふれていると言っても過言ではありません。
(サンプル化粧品やポケットティッシュ)

 

今流行りの動画視聴サイトでも顕著ですね。

Hulu
U-NEXT
Amazonプライム

最初の2週間・1か月無料で動画見放題

 

マンガ業界で見ると

最初の1巻は無料で読み放題

 

上記サービスは一般ユーザーからしたら「無料だ!わーい」といって飛びつきますが・・

 

すべて将来的に利益が出るから各企業は行っています。
(続編や関連コンテンツ)

 

いわば広告費です。

 

将来的に太いお客さんになってくれるなら
企業側からしたら最初のわずかな広告費など
痛くも痒くもないのです。

 

【お金を使ってお金を生み出す】という投資です。
しっかりとした

 

フリー戦略で最も成功している事例

 

あなたの身近にある沢山のフリー戦略

お分かり頂けたでしょうか?

 

そんな沢山のフリー戦略の中で
ボクが知っている最も成功したフリー戦略をお教えしましょう。

 

それはブラックジャックによろしくというマンガです。

このマンガは日本の医療現場の問題・現状を
リアルに描いた
累計発行部数1000万部を超える大人気の青年コミックです。

 

普通に発行していても十分利益があるのに
なんとこの漫画の作者である佐藤秀峰先生は
第一部(単行本1巻~13巻)すべてをネット上に無償で提供しています。

ダウンロードさえすれば誰でも読めるのです。完全無料で

さらに二次利用もオッケー、事後報告さえすれば誰でも自由に
漫画のキャラクターを使っていいというマンガ業界ではあり得ない事をしているのです。

 

マンガ家にとって自分の漫画の著作権は生命線です。

本来二次利用をするにはすべて事前に
許可が必要であり、
そこには高額な著作権料が発生しますから。

 

佐藤秀峰先生はこの権利をすべて放棄したのです。

 

当時はものすごく画期的な出来事でした。

いったいこの人は何をしたいんだと・・

 

ですが

 

結果はこうなりました。

関連書籍や有料販売されている二部がバカ売れしたのです。

 

・無料で読めるものがこんなに面白いんだから有料の方はもっと面白いに違いない

・懐の大きいこの人と一緒に仕事がしたい、この人の作品を使いたい

 

というように

 

 

ちなみにボクも利用させて頂いています。

こんな感じに
↓↓

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ登録ページへの誘導画像です。

 

やはりマンガを使うと反応率がすごく高いです。

ズラーとした文章よりもマンガが読みやすく面白いのは周知の事実ですね。

 

ブラックジャックによろしくのフリー画像は
こちらのサイトから
ダウンロードできますのであなたもぜひ使ってみて下さい。

「ブラックジャックによろしく佐藤秀峰」と画像内に入れて
こんなサイトに使いましたよ―と事後報告するだけでOKです。

 

フリー戦略をネットビジネスでどう生かすか?

 

フリー戦略についてはご理解頂けたと思います。

 

ビジネスで成功したいと思ったらあなたはこの無料という
フリー戦略を
【受け手】ではなく【提供する側】になれなければいけません。

 

では実際に集客の場でフリー戦略をどう生かすのか?

お教えましょう。

 

一番効果的なのがメルマガ登録の際の無料プレゼントです。

 

フリーコンテンツが多ければ多いほど・・
質を上げれば上げるほど・・

 

読者さんの心をつかむことが出来ます。

 

ボクもかなり力を入れている部分です。

 

・無料はみんな大好き

・人を引き付ける強烈な集客力がある

・フリー戦略で人を集め、そこで自社ブランドやコンテンツを販売する

 

鉄板のマーケティング戦略なのでぜひ活用してくださいね。

 

 

では本日はこの辺で