PS Auto Sitemapを設定しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はWordPress(ワードプレス)オフェンスアイテム9つ目の

PS Auto Sitemapを設定します。

 

⑨PS Auto Sitemap

 

PS Auto Sitemapとは

 

ブログの訪問者に見てもらう

サイトマップ(目次)を作ってくれます。

 

本に例えると最初の目次部分ですね。

images

 

目次は重要です。

目次を起点に様々なページを見てもらいやすくなります。

 

読者さんにもありがたいですがあなたも自分で

「あの記事はどこだっけ?」という時に

探しやすくなりますよね(^◇^)

 

PS Auto Sitemapをインストールしよう

 

ブラグインの新規追加をクリック

 

次ページの上部右端の検索項目に「PS Auto Sitemap」と入力してください

 

「今すぐインストール」をクリック

v

 

「ブラグインを有効化」をクリック

c

 

 

これで一覧に無事「PS Auto Sitemap」が登録されています。

q

 

 

PS Auto Sitemapを設定しよう

 

では設定していきましょう

設定からPS Auto Sitemapをクリック

 キャプチャzz

 

サイトマップを表示する記事のIDを入力します。

dd

 

サイトマップを表示する記事のIDの調べ方

 

このページはそのままにして

ここで新しいタブを開いてください。

 

タブとは?新しいタブの開き方

 

タブとは画面1番上のこの部分です。

dj

 

タブにカーソルを合わせて右クリックをすると

以下の画面が出ますので、「タブを複製」をクリック

ae

するとこのように分身を作れます。

au

 

新しいタブでは「固定ページ」から「新規追加」をクリック

qw

 

タイトル欄に目次と入力して「公開」をクリック

e

 

固定ページの「固定ページ一覧」をクリック

g

 

すると一覧に「目次」がありますよね。

その「目次」の部分に下の画面のようにカーソルを合わせてください。

k

 

 

するとパソコン画面の左下に薄く英数字が出てきます。

 

hmm

サイトマップを表示する記事のIDは青枠の部分の数字です。

この画面でいうと465ですね

(post=の後の数字)

あなたの画面で表示されているこの数字を

先ほどのタブに戻り

「サイトマップを表示する記事のID」の欄に入力してください。

(465を入力するのではなく、あなたのページで表示されている数字を入力するんですよ!)

 

dd

 

数字を入力したら「変更を保存」をクリック

as

 

保存をしたらページの下の部分を見ます。

画面の一番下に以下の表示があります。
赤枠内の文字列をコピーします。

n

 

コピーしたら

固定ページの「固定ページ一覧」をクリック

g

 

先ほどの「目次」のページをクリック

bb
 

 

 先ほどコピーした文字列を赤枠のように本文に貼りつけます。

貼り付けたら青枠の「変更をプレビュー」をクリックします。

gk

 

するとこのようにサイトマップが出来上がります。

ri

 

出来上がりを確認したら緑枠部分の「更新」をクリックして完了です。

 

 

お疲れ様でした!

 

ここは少しわかりにくく、また説明しづらい部分なので

分からなかったら遠慮なく聞いてくださいね(^^)/

 

お知らせ

ネットビジネスのやり方を解説した真面目なメルマガやっています。

ネットビジネス超初心者だったボクが
何をどのようにして収益を上げてきたのか
開始して4ヶ月で月35万円を稼いだ手法
現在自動収入で月20万円稼いでいる手法
余すことなくお伝えしていきます。

DMや勧誘は一切やっていないのでご安心を(^^♪
メルマガ内のみで2017年現在7つのプレゼント
(ボクが1時間20分で24840円稼いだ手法等)をお渡ししています。

またメルマガ読者さん限定でビジネスに役立つ書籍無料プレゼント企画
最新型のPCプレゼント企画も頻繁に開催しています。
詳細はこちらからどうぞ!

↓↓
山口雅貴の無料メルマガを読んでみる


こちらの画像をクリックして頂いてもOK!







ポチっとしてくれるとすごく嬉しいです(^^)/山口雅貴は現在何位?⇒

 



またこの記事が少しでも役に立った!面白い!と

感じて頂けましたら、記事の横か下のソーシャルボタンより

いいね!やツイート等して頂けると励みになります!よろしくお願い致します。 

コメントを残す

このページの先頭へ