わがまま思考って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

のページでは

ボクがネットビジネスに出会って

最も大きく変わった人生観についてお話しします。

 

 

ボクが情報発信をしている理由

 

ネットビジネスに出会って変わった人生観

 

それは・・

 

 

わがまま思考です。

 

 

は?

わがまま思考??

 

何言ってんの?この人

 

ですよね|д゚)

 

 

ありがとうございます。

違和感は当然だと思います。

 

だって今までの人生で

「マジメにやってね!」
「しっかりしなよ!」

と言われることはあっても

 

わがままになろうよ!

 

・・・

 

 言われたことないですよね?

 

 

でもね

 

 

 ボクは言います。全力でいいます。

 

あなたは絶対わがままでいい!

 

 

勘違いしないで頂きたいのですが

ボクがここで定義するわがままとは

 

自分勝手に振る舞う

それによって他の人に迷惑をかける

 

というものではありません。

 

あくまで

日常的にあなたが生きていく上で

あなた自身の為のわがままです。

 

自分自身に対するわがままです。

 

具体的に言うと

あなたの人生なのだからあなた自身で全部決めていい

1つの事(社会常識・1つの会社・1人の人)に

縛られないでほしい

他に生きていく手段は今の時代なら

いくらでもあるのだから

 

ということです。

 

 

 

ボクが強く言いたいのは

仕事や環境が原因で

・自分がやりたいことができない
・やりたいことが見つからない
・人生がつまらなくて不安・不満だらけ
・大切な人(家族・恋人・友人)との時間が持てない

 

 

 

というあなたに
このメッセージを送りたいんです。

 

 

もっと
あなたはわがままでいいよ

 

ボクはこの部分を
どうしても伝えたくて

こうして情報発信をしています。

 

 

仕事や環境に縛られて
今人生の楽しみや
幸せを実感できない人を新しい世界
(わがまま思考で生きていける世界)に導きたい

 

本気でそう思っています。

 

ネットビジネスを通じてボクが知った世界を
あなたにも知ってもらいもっともっとわがままに
生きていってほしいんです。

 

「うおーー!こんな世界があるのか!」
と肌で感じて欲しいんです。

 

 

ネット上には1億人を
相手に出来る世界が広がっているのに
どうしてこの世界から見たらものすごくちっぽけな

・1人の人
・1つの会社
・1つの考え方

に縛られる必要があるのか

ボクはそう思っています。

 

ボクは

・お金の為だけに仕事して人生を終える
・やりたくもない仕事して人生を終える
・自由やわがままに生きれるのは老後だけ

そんな生き方はおかしいと思っています。

 

もうそんな時代じゃない

今は

 

このような信念・思考から
現在のボクは「わがまま思考で生きよう」
というコンセプトのもと情報発信をしています。

 

ネットビジネスならわがままに生きられる根拠

 

一方で・・

【わがまま】という言葉には何か違和感があると思います。

 

なぜなら
「そんな風に生きられるわけがない」とあなたは思っているからです。

 

 

 

そりゃあそんなふうに生きたいけど・・

 

そんなわがまま思考でどうやって生きていくの?夢物語でしょ?

だって

 生きていくためにはお金が必要

お金を稼ぐ行為=何かに縛られる・何かを犠牲にする

 

だからわがまま思考でなんて生きていけないじゃん!

 

 

 

うん、当然の考えだと思います。

ボクももちろんそういう思考でした。

 

あるものに出会うまでは・・・

 

 

そう

「ネットビジネス」です。 

 

 

インターネット環境が整っていない、またユーザーもほぼいない
20年前では当然こんなわがまま思考では生きていけません。

 

 

毎日毎日職場へ足を運んで決められた時間まで仕事をし
残業や休日出勤で人生を縛られる、自分を犠牲にする・・・

 

 

出ないとお金は稼げないし生きていけない

みんなそうして生きている・・・
(日本人はこの「みんな」が
ホントに好きですよね・・)

 

それが当たり前でした。

 

いわゆる自分を提供しないと
お金が入ってこない「労働収入」です。

人は一生労働収入のみで生きていくものだし
それが当たり前、そこに何の違和感もない

 

ネットビジネスに出会う前までは
ボクも完全にそう思っていました。

 

 

ですがインターネットの
急速な発展・爆発的な普及により

状況はがらりと変わりました。

 

もうネットが日常的過ぎて全然感じないと思いますが

ボクらは

ボタン1つで世界中に情報を発信できる

あなたという存在を知ってもらえる

というすごい世界に生きているのです。

 

人が動けばそれだけの経済(お金)が動きます。

 

そんな状況になると将来を予想し
いち早く行動、投資をした日本人の代表が

 

ソフトバンクの孫社長

楽天の三木谷社長

元ライブドア社長のホリエモン等ですね

 

彼らはネット上に
クモの巣のような仕組みを作りそれをいくつも所有していて
ずっと寝転んでいても何億と稼いでいますが・・

 

 

この人達は別格です。

時代の先を見る先見性に関してのずば抜けた才能があります。

 

 

あなたも

もちろんボクも

この人達みたいにはなれません。

 

何十億なんて夢もまた夢でしょう。

 

 

 

でも

 

月何十万

本気の本気で取り組めば何百万レベルなら

ネットビジネスでははっきり言って余裕です。

 

ボクもその世界に行けたしあなたも絶対に行けます。

 

正しい方法を知って

その方法に対して行動し、継続すれば

 

 

 

なぜか?

 

その答えはすごくシンプルです。

 

インターネットの発展と

発展に伴い環境・ツール・ノウハウが洗練、整備されたから

です。

 

これが2000年とか2005年だとそうはいきません。

まだ発展段階なので環境・ツール・ノウハウが無く

一般人(個人)が稼ぐことはなかなか難しいです。

 

 

 

ですが1995年に
マイクロソフト社からウインドウズが発売されて以来約20年・・

 

先人たちのおかげで積み重ねられた
環境・ツール・ノウハウが洗練、整備された今の時代は

最高の状態なんです。

 

今を生きているボクやあなたはすごく恵まれた人間なんです。

 

 

その事実に気付き始めた人達は
(このことを知った時点でかなり幸運なんですが)

 

続々とインターネットを駆使した
新しいビジネスモデルに移行しています。

 

会社や法人が!ではなくすべて「個人」の話ですよ?

 

そしてこのインターネットを駆使したビジネスモデルは労働収入のように
自分を提供しないと収入がストップするなんてことはなく、あなたがその場を
離れても、仕組みがある限り勝手に口座の残高は増えていきます。

 

だから
「わがまま思考」で生きていけるのです。

 

自由なんです。

 

 

これが現在の
インターネットビジネスの世界です。

 

お分かりいただけたでしょうか?

 

もっと詳細にこの部分を知りたいなら、こちらの記事で
他のお金を稼ぐ手段と比較してネットビジネスの凄さを解説しています。
↓↓

ネットビジネスはなぜ【わがまま思考】で出来るのかを超詳細解説!

 

 

でも

大事なのはここから!

 

ですよね

 

 

 

 

では具体的に何をしていけばいいのか

分かりませんよね?

 

大丈夫です。

 

ボクがお教えします。

 

 

最初の段階は

何百万なんて話はせず

まずは月5000円稼げるようになってそこから

1万・10万・20万と徐々にステージを上げていこう

 

という現実的な方法・話をしていきます。

ご安心ください。

 

月5000円も稼げない人が

10万円稼げるわけがないですからね。

 

少しづつ少しづつ
上げていきましょう!という話です。

 

簡単ではありますが

以上がボクが「わがまま思考」に至った経緯です。

 

ほんのわずかでも

あーそういうことか」と思ってくれたら嬉しいです(^◇^)

 

 

そしてその具体的な方法については

ボクのメルマガですべてお話ししています。

↓↓
ネットビジネス超初心者だったボクが
何をどのようにして収益を上げてきたのか
開始して4ヶ月で月35万円を稼いだ手法
現在自動収入で月20万円稼いでいる手法
余すことなくお伝えしていきます。

DMや勧誘は一切やっていないのでご安心を(^^♪
メルマガ内のみで2017年現在7つのプレゼント
(ボクが1時間20分で24840円稼いだ手法等)もお渡ししています。

またメルマガ読者さん限定でビジネスに役立つ書籍無料プレゼント企画
最新型のPCプレゼント企画も頻繁に開催しています。
詳細はこちらからどうぞ!

↓↓
山口雅貴の無料メルマガを読んでみる

こちらの画像をクリックして頂いてもOK!

 

 

あなたにも自由とわがまま思考を手に入れて貰えるよう
ボクがしっかりと導きますので期待して頂けると嬉しいです。

 

ポチっと応援してくれるとすごく嬉しいです(^^)山口雅貴は現在何位?⇒

 

 

 

またこの記事が少しでも役に立った!面白い!と

感じて頂けましたら、記事の横か下のソーシャルボタンより

いいね!やツイート等して頂けると励みになります!よろしくお願い致します。 

 

このページの先頭へ