• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
どうもです、山口雅貴です(^^♪
 
 
本日は広告と色に関してのお話です。

 
 
広告と色の密接な関係

 

広告で仕事をしている人間は「色」にとても気を遣っています。

 
 
 
なぜなら色は消費者の注意を引くだけでなく
感覚まで変えてしまうからです。
 
 
 
 
 
 
なぜ感覚まで変えてしまうのか?
 
 
 
それは、、、
 
 
 
 
 
 
 
分かりません(^^)/
 
 
 
 
 
解明されてないんです。
 
 
人間の感覚に訴えるものなので
 
 
 
 色に関する具体例
 
 
ここで具体例を挙げましょう。
 
 
ある運送会社では
 
荷物の入っているダンボールを
茶色から
モスグリーン色にすべて統一したところ・・
 
 
 
疲労度が劇的に改善されたらしいです。
 
 
重そうに見える色から
癒し効果のある自然の色に変えたからです。
 
 
 
 
 
 
またサイトでも街頭でも
募金活動に最も効果的な色はピンクです。
 
 
 
 
 
ピンクだとあなたは何を連想しますか?
 
 
 
例えば赤ちゃんや、小さな女の子を
連想する人が多いのではないでしょうか?
 
 
 
なんとなく、朗らかで優しいイメージ
を与えるので、募金が集まりやすい傾向があります。
 
 
 
 
 
このようにして
人間心理を利用した視覚効果が
広告に活用されているんですね(^^)
 
 
 
 
PS
 
 もしあなたがダイエットを考えているなら
一つかなり効果的な方法があります。
 
 
 
 
 
あなたの部屋、できれば
家の壁をすべて青色に統一しましょう。
 
 
これで食欲は一気に減退しますよ
 
 
 
また細くみせたいなら黒色の服
 
ガッシリとみせたいなら白色の服がよいですよ(^^)
 
 
 
 それでは本日はこの辺で