• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
短編の実話で怖い話。賃貸物件のゾッとする知らなきゃ良かった「告知義務」
という事で
では本日のお話に入りましょう。




 
 
この時期になると一気に増える広告があります。
 
 
それは進学・就職が始まる4月に向けての
不動産仲介また引っ越し会社の広告です。
 
 
 
テレビCMでもバンバン流れているので
 
 お気づきの方も多いのではないでしょうか(^^)/
 
 
引っ越し業界は・・
 
 
実は僕引っ越し会社には苦い思い出があります・・
 
 
 
 
大学時代に短期ですが引っ越し会社
でアルバイトの経験がありまして
 
 
 
確か2月、3月の2カ月間でしたが
 
 
まあ、キツかった
 
 
 
何がキツいかというと
 
 
 
体力面ではもちろんなんですが
 
 
上下関係の徹底
 
 
が、スゴイんですよ。あの業界
 
 
 
 
 
ホントにエグいです・・
 
 
 
僕は学生時代部活は運動部だったんですが
 
 
 
ありがたいことにかなりユルユルで
先輩のシゴキ、みたいな事は全くなかったんですが
 
 
 
 
その反動もあって
 
 
 
「俺は奴隷なのか?」と働いてた当時は思ってました。
 
 
 
 
もちろん僕が仕事してた会社のみの体質かなとも思いますが
 
 
 
他で働いてた友達に聞くと
やっぱ先輩、後輩にはうるさかったと言っていたので
 
そうゆう業界なのかなーと思います。
 
 
 
 賃貸物件のゾッとする話
 
 
あ、賃貸物件のゾッとする話でしたね。
 
 
 
不動産仲介で働いている方に聞いたのですが
 
 事故物件ってありますよね。
 
 
 
いわゆる事件があったり、そこで
自ら命を絶ったりした方がいた物件のことです。
 
 
 
それが見れるサイトもありますよね。
 
 
 
あれって必ず告知義務がありますよね。
 
次に入る人には
 
 
 
 
 
ですがその人が出た後は・・
 
 
もう完全に無かったことになるそうです(°_°)
 
 
その物件の記録から完全に抹消されるそうです。
 
 
 
 
 
 
・・・
 
 
 
 
 
怖くないですか?
 
 
 
どんな出来事があっても一月でも間に別の人が入ってさえいれば
告知義務はなく普通に借りに出されるんです。
 
 
 
 
 
ちなみになんですが
 
 
 
 
ロフトがある物件で格安の所はかなりの確率で危ないみたいです。
 
 
その理由は・・
 
 
 
 
 
あなたがお察しの通りです。
はい
 
 
また建物自体は古いのになぜかその部屋だけ異常にキレイ
また「リフォーム済み」と表記されている物件も怪しいらしいです。
 
ご参考までに
では本日はこの辺で