• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもです、山口雅貴です(^^♪

 

前回までの記事で
人の心を動かす3要素についてお伝えしてきましたね。

 

山口式ライティングスキル講座1【好奇心を刺激せよ】

山口式ライティングスキル講座2【欲望を刺激せよ】

山口式ライティングスキル講座3【恐怖を刺激せよ】

 

 

人の心を動かすには

・欲望
・恐怖
・好奇心

この3つを駆り立てるような文章を書いていくこと

 

欲望とは
「~したい、~になりたい」という感情

理想の未来、明るい未来を見せられると
それは人の心を動かす動機になります。

そして受け手に欲望を起こさせるために
ボクらはメリットの掲示を意識して伝える

 

恐怖とは
「~したくない、~になりたくない」
という感情

怖い未来、怖い実情を見せられると
それは人の心を動かす動機になります。

そして受け手に恐怖を起こさせるために
ボクらはデメリットの掲示を意識して伝える

 

好奇心とは
「知りたい、確認したい」という感情

興味性を見せられると
それは人の心を動かす動機になります。

そして受け手に好奇心を起こさせるために
ボクらは疑問形や新しいもの、独自性を意識して伝える

簡単にまとめるとこんな感じです(^^♪

 

 

では具体的に何を意識して書いていけばいいのか

人を動かす3要素はご理解いただけたと思いますので
ではその3要素を具体的にどう書いていけばいいのか?

本日はそんなお話をしていきます。

 




 

3つを踏まえてどうライティングしていくか

 

簡単です。

これを意識して書いていくだけです。

 

 

それは

【想像力】です。

 

「読み手にいかに想像させるか」

これだけを意識して3要素を書いていって下さい。

 

欲望
お金を手に入れるとどんな生活ができる
のか、どんな素晴らしい人生を歩めるのか
それを想像するから人は動きます。

 

恐怖
このままだと1年後も3年後も今と全く変わらない
生活・人生が続く・・
そんなのは絶対嫌だ!と想像するから人は動きます。

 

好奇心
自分が想像したものが正しいのか
あるいはその想像をはるかに超えるものが
あるのか、それを知りたいから人が動きます。

 

人を動かす=いかに想像させるか

これだけを意識して下さい。

 

ライティングの具体的方法

 

想像力を読み手に起こさせる為には
以下の事を意識して書いていきます。

 

・詳細に書く
細かければ細かいほどいいです。
読み手の頭の中にイメージが強く伝わります。

・五感に訴えるように書く
視覚や聴覚に訴えるような文章を書いていきましょう。
比喩表現を使うと効果的です。

・曖昧な表現は使わない
これくらい、けっこうなど曖昧な表現は
相手にイメージさせることができません。
ビシッと言い切りましょう。その際には具体的な数字を使うと効果的です。

 

3つの要素
(欲望・恐怖・好奇心)を使って

いかに読み手に想像させるか

ブログ・メルマガで商品を売る際に
ライティングでやることはこれだけです。

 

1度身に付ければ一生使えるテクニックなので
是非とも意識して使ってみて下さい。

 

またライティングに関して
疑問点や不安な部分があればなんでも聞いてください。
ブログにて共有していきたいと考えています。
山口に質問してみる

 

それでは本日はこの辺で