• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一発屋芸人ってよく聞きますよね。

 

たまにテレビで見ると当時の最高月収を暴露したり
先輩芸人にいじられたりしてネタにされていますが・・

実はけっこう潤ってる人多いんですよ。

 

本日はそんなお話しを。




 

 

そもそも芸人の仕事って?

 

芸人さんの本業は舞台でお客さんを楽しませることです。

 

テレビで見ないからあの芸人は終わったなんて言う人がたまにいますが
いやいやテレビだけが芸人さんの仕事場じゃないですから。

もともとは「芸人」という名前の通り、舞台や劇場が仕事場であり本業です。

 

1回ドカンと売れて名前とキャラを覚えられたら、舞台や劇場に優先的に出られるようです。

 

その理由は 単純明解で

集客出来るから

 

やっぱ見たいじゃないですか、生で

 

テレビに出てた人達ってお客さんを呼ぶ力はすごくありますもんね。

 

中でもすごい(ギャラがいい)のが企業のイベントや学園祭、お祭りなどの出演

いわゆる営業ですね。

テレビで顔が売れてれば、ワンステージだけで大卒初任給2カ月分くらいは稼ぎますからね。

そこだけを切り取ると羨ましい限りです・・

 

得意分野を生かし収入を得る3組の手法

 

そんな一発屋の方々の中でも独自の路線で稼ぐ3組を紹介します。

 

テツアンドトモ

2003年になんでだろうのフレーズが流行語大賞を受賞したテツアンドトモさんは
老若男女問わず受け入れられる芸人として地方営業やイベントに引っ張りだこです。

その地方や企業について事前に調べ、各々のなんでだろう~を必ずネタに入れるそうです。
そりゃ自分達の身の回りのネタを聞けたらお客さんは嬉しいし、リピート率もものすごく高いそう

ただ毎回同じネタをやるより、その時々でネタを柔軟に作り変える

売れてる秘訣が分かります。

 

小島よしお

また2007年にそんなの関係ねぇ!でブレイクした
小島よしおさんは幼稚園の営業で引っ張りだこらしいですね。

子供と一緒に踊れて勉強もできる歌を踊っているとか

 

ゴボウのうた
ピーマンのうた
さかなのうた

というように

 

ライブではベビーカーを引いた奥様の行列ができるそうです。

芸人として生き残る為のターゲット戦略がすごいなと感心してしまいます。

 

ハリウッドザコシショウ

また営業以外にも近年では沢山の稼ぎ方があって。

 

2016年のR1グランプリでぶっちぎりの優勝をしたハリウッドザコシショウさん

この人1人芸をyoutubeにアップし、広告収入でめちゃめちゃ稼いでます。

 

YouTubeには芸人さん続々と参戦していますね。

テレビで顔を売ってYouTubeで稼ぐ。この流れはもう鉄板ですね。

 

まとめ

テレビの視聴率も年々下がる一方ですし

今後はスマホ、パソコン、タブレットで自分の好きな動画を見る人がますます増えるでしょうし

 

 

テレビに出るのがゴールではなく

テレビで顔を売って独自のビジネス展開でファンを会得していく

 

 

そういう芸人さんが今後ますます増えていくでしょうね。

AI芸人は必ず出てくるでしょう。

 

PS

めちゃイケにたまに出演していたエスパー伊東さん

結婚式で引っ張りだこで年収は2千万だったらしいです。

一般的に冠婚葬祭は金払いがいいですから(ここあんまケチりたくないですよね)
そこに目を付けたエスパー伊東さんすごいと思います。

今後は僧侶の芸人さんとかも出てくるかもしれないですね。
最後くらい笑って天国へ送り出してあげたいって方多いですから

 

需要はあるかも・・しれません。

 

 

PPS

芸能界は歌手や俳優などの職種がありますが、表現で一番難しいのがお笑いと言われています。

 

芸人は僕が最も尊敬する職業です。

 

では本日はこの辺で