• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


無料レポートの作り方

ネタ出し・書き方・どうしたら沢山ダウンロードしてもらえるのか)を
分かりやすく丁寧に教えます。

 

前提として
無料レポートの知識レポート掲載方法に関しての記事はこちらで紹介しています。

 

無料レポートとは?何がいいのか?
ネットビジネス集客でラクして即結果を出す最短の方法。

 

無料レポートの始め方解説(発行者登録をする方法)
メルぞうシルバー会員・プラチナ会員の比較と、結局どちらがいいのか?教えます。

 

書いたレポートを掲載するには?
メルぞうに無料レポートを掲載する手順、取得したアドレスのダウンロード方法を詳細に

 

 

はじめに


今回の記事はこれから無料レポートで読者を集めたいけど

 

 「何を書いていけばいいのか分からない」

「どう書いていけばいいのか分からない」

「どうやったら沢山ダウンロードされるの?」

 

といった初心者さんが無料レポートを
始めるにあたり絶対に直面する疑問を解決する内容です。

 

 

ボクが情報発信ビジネスで
これまで沢山のレポートを
書き、いろいろ試行錯誤してきた結果・・

 

必ず成果が出る成功法則を構築する事が出来ました。

 

一部簡単にお話しすると・・

 

無料レポートにも「型」があります。

この型さえ身に付けてしまえば、そこからはもう簡単です。

 

ネタに困ることなくスラスラと書けるようになるし、どうすれば沢山ダウンロードされるのか?

その仕組みも構築できます。

 

そういった成功法則を本記事ではあなたにすべてシェアしていきます。

 

無料レポートを継続してコンテンツ化していけば
自動で集客し収益化できるネット上の資産になるので
時間をかけて取り組む価値は十二分にあります。

 

それでは本編に入っていきましょう。

 

注)本記事は無料レポートスタンドメルぞう
  攻略法(集客方法)を
分かりやすく丁寧に解説しています。

 

無料レポートを始める前に知っておくべき3つのこと

 

ここからは実際にレポート作成に
取り掛かる前に知っておくべき3つのことをお話ししていきます。

 

では1つ目。

最初から完璧を求めてはいけない

「とりあえず1つ作ってアップしてみたけど
 全然ダウンロードされず嫌になって辞めちゃった・・」

という人がいます。

 

でもそれは当たり前

 

だって1作目なんだから。

 

最初から多くのダウンロードを期待する方がおかしいです。

最初からバンバンダウンロードされる超大作を作れる人なんていません。
書くことに慣れる、書くために知識をインプットするという段階を経て
少しずつレポートの質は向上していきます。

 

いきなり長編の物や凝った物を作ろうとすると必ず挫折します。

最初は簡単な物や短い物で構いません。
そういった簡単な物や短い物をとりあえず5作ってみましょう。

 

最初はまず「流れを体験すること」

練習だと思って気軽に取り組んでみて下さい。

 

では2つ目です。

「自分は先駆者」という自覚を持つ

ここで1つあなたに自覚して欲しい事実があります。

 

それはこういった記事を今閲覧している(情報収集している)
時点であなたはビジネス先駆者であるということ

 

その理由は明白。

世の中にはそんなこと
(ネットビジネスで個人が稼げる)も知らず暮らしている人達だらけだからです。

 

試しにあなたの周りの人に聞いてみて下さい。

「知り合いでネットビジネスをやってる人いる?」

あるいは
「ネットビジネスで稼ぐ方法って分かる?」

 

99%答えはNOでしょう。

 

「お金欲しいなぁ。でもどうすればいいんだろう・・」
「もっといい生活がしたい。でもどうしたらいいんだろう・・」
「あーあ。給料以外に月5万円の収入があったらどんなにいいだろう・・」

 

そのための手段として頭に浮かぶのは

・バイトの時間を増やしたり
・仕事で認められて昇給を目指したり
・少しでも給料の良い会社への転職を目指したり

 

そんな人が大半です。

一般の99%の人達の思考です。

 

その人たちは

ネットで個人が稼げるなんて思ってもいない
(そもそもそういう発想自体ない)

または
「漠然とネットビジネスの存在は知っているけどパソコン1台で
稼いでいる人たちは頭の構造が違うほんの一握りの人種。自分にはムリだろう」

 

と勝手に諦めてしまっています。

 

 

ですが今のあなたは・・

 

違いますよね?

 

すでに以下のような状態のはずです。

↓↓

・ネットビジネスを知っている
・ネットビジネスに興味を持っている
・ネットビジネスで稼ぐ方法を知っている
・ブログやメルマガ、レポートで情報収集している

 

はい

 

この時点であなたはもう先駆者です。

 

これからの時代、副業としてネットビジネスを始める人が爆発的に増加します。

政府が副業を推進し、各企業が副業解禁を徐々に始めているのはご存知の通り。

 

確実にネットビジネス人口は増加していきます。

 

ここで注目して欲しいのが
どんな分野でもピラミッドの一番下、初心者層が一番多いという事実。

 

ネットビジネスに限らず、ビジネスにおいてこの初心者層を取り込めるようになると・・

あっさり収益化できてしまいます。

 

その人達はどうやって初期段階の情報収集をするでしょうか?

 

ネット上からですね。

 

そして「お!なんかレポートでまとめてくれている面白そうなサイトがある!」と
多くの人が無料レポートスタンドに行きつくでしょう。(人はまとめが大好きです)

 

その人達をすべて顧客化出来れば・・

 

もう集客は安泰ですね。

 

 

そして3つ目のお話しに繋がっていきます。

ネットビジネス初心者の人達をファン化させるために必要なことは・・

 

これだけです。

↓↓

とにかく分かりやすく丁寧に書く

「あなたのターゲットは自分より後に始める人」

といったことは理解頂けたと思います。

 

その人達がファンになってくれる要素は1つです。

 

それはレポート内容がとにかく

「分かりやすく丁寧であること」

 

これ以外にありません。

無料レポートの特性を考えると分かると思います。

 

レポートを読んだ段階ではあなたという人間を読者は知りません。
だから人柄や信念でファンになることはありません。

レポートの中身で勝負するしかないのです。

 

そこで求められるのが「分かりやすさ・丁寧さ」です。

 

どんなに短い物・簡単な物でも読み手を意識した

「分かりやすく丁寧なもの」

 

これだけを意識してください。


この意識だけで無料レポートでファン化できます。

 

時々自分の知識や技術を自慢したいのか専門用語や
難しい表現をバンバン使っているレポートがありますが・・

これは悪い例です。

 

何度かお伝えしている通り、読み手はあなたより初心者あるいは素人の人が9割です。

その人達が専門用語や難しい表現ばかりのレポートを読んだらどう思うか

結果は明白ですよね。
(頭の固い大学教授のレポートなんて読むだけで地獄です・・)

 

ボクは本当に頭の良い人・出来る人は「難しい言葉・表現を知っている」
のではなく、その難しい言葉・表現を
「知らない人にいかに分かり易く丁寧に説明できるか」だと思っています。

 

まとめ

では無料レポートを始める前に知っておくべき3つのことをまとめます。

 

・最初から完璧を求めてはいけない

・「自分はもう先駆者」という自覚をする

・ファン化させるには「分かりやすく丁寧」これだけでいい

 

上記3つはこれからレポートを作成していくにあたり常に意識していって下さい。

 

この意識があれば絶対に継続できるし、継続さえ出来れば絶対に将来収益化できます。

 

それがネットビジネスです。

 

何を書いていけばいいのか、ネタ編

 

無料レポートの概要やメリットは理解頂けたと思うので
ここからは実際に「何を書いていけばいいのか」具体的な話しに入りましょう。

 

1つ1つ解説していきますね。

 

操作手順の解説レポート

初心者の人が1番最初に作成しやすいのが操作手順の解説レポート。

実績もいらないのでお勧めです。

 

また操作手順だと主に画像を多用するレポートになるので文章を書く必要がありません。
慣れてしまえば1時間ほどでサクッと作成できるようになります。

 

例えば

自己アフィリエイトのやり方
会社運営ブログ(無料ブログ)の構築方法
自分運営ブログ(ワードプレス)の構築方法
メルマガ配信スタンドの使い方
gmailアドレス作成方法
yahooメールアドレス作成方法
ライン@アカウント作成方法

 

などなど

無限にあります。

 

要は
あなたが1つの作業をしたら
その工程を
そのままレポート化してしまえばいいのです。

簡単ですよね。

 

「いくらなんでも初歩的過ぎない?」と思うかもしれませんが
簡単な操作が分からない人なんてめちゃくちゃいます。

ボクの経験上、そういった人の方が絶対数は多いです。

 

繰り返しになりますが

「自分より後に始める人に教える」といった意識です。この意識。

 

 

では2つ目です。

知識・ノウハウまとめレポート

これも操作手順と同じく、実績不要です。

 

今までに得た知識・技術を書くのは
もちろんですが
まっさらの状態で勉強しながら書くのもアリです。
(というかそれが一番効率いいかも)

 

学生時代と同じです。

先生が黒板に書いた内容や口頭で言った重要なことをノートに書き写していましたよね。

 

それをそのままやればいいのです。無料レポートで。

 

自分も知識・技術が身に付くし、無料レポートも書ける。

それを提供して読者さんに喜んでもらえる。

 

まさにウインウインウイン状態。

 

こんなに効率がいいことってほかに無いかもしれません。

 

例えば

・ネットビジネスで重要なマインドの話しをまとめる
・自己啓発書を読んで重要な部分をまとめる
・ライティング講座を見て重要な部分をまとめる

 

などなど

 

今学んだ知識・ノウハウをそのまま自分の言葉で
まとめて
その場で即レポートにしてしまいましょう。

 

体験・実証レポート

これは自分が体験したこと・実際にやってみての
気づきや学んだことをレポートにしてまとめるやり方です。

実際に体験や実証をしないと書けないですが
何かを調べたりすることなく、そのまま書いていけばいいので
書きやすいというメリットがあります。

また人の体験や実証記は
単純に面白く、
独自性を出しやすいので沢山ダウンロードされる傾向があります。

 

例えば

・ボクが3か月でパソコン1台のみで月収30万円達成した手法
・メルマガ読者を1か月で100人絶対取得できる手法
・数あるメルマガ配信スタンドを比較して一番コスパがいいのは以外に○○社だった
・人気ブログランキングで常時トップ5に入り続ける手法

 

などなど

 

そしてこの体験・実証レポートで面白いのが・・

「失敗体験レポートの方が人気出やすい傾向にあること」です。

 

例えば

・ウソぉ!youtube動画が一気に5アカウント削除されてしまった原因と対策
・ネットビジネスを半年やっても鳴かず飛ばずだったボクがたった1つだけやった劇的改善方法

などなど

 

失敗というワンクッション挟むことで
レポートに信ぴょう性が生まれ、ダウンロードされる傾向が高いです。

 

失敗は成功の母

自分の失敗談を包み隠さずどんどん書いていきましょう。

 

即プレゼント系レポート

例えばあなたが画像作成やイラスト作成の技術を持っているなら
その現物をそのまま即プレゼント!というやり方もあります。

あるいは商材を購入して付いてきた特典の中に再配布可能なものがあれば
それをそのままプレゼントしてしまってもいいのです。

ただ即プレゼントだけだとあなた自身を
知ってもらえないので、レポート最後の部分であなたを
アピールすることを忘れないで下さい。

 

対談音声・動画レポート

これは少し先の話になりますが、実績のある人や
ビジネス仲間との対談音声や動画を無料レポートとして上げるのも1つの手です。

 

例えば

自分が使ってみて良かった商材や
ツールの製作者に成果報告をして、その流れで対談をお願いしたり

どうしても対談してみたい人に交渉してみたり

 

少しハードルは高いですがあなたの実績にもなるので
「断られてナンボ」精神で行動してみる価値はあると思います。

 

まとめ

では「何を書いていけばいいのか」まとめます。

・操作手順解説レポート
・知識・ノウハウまとめレポート
・体験・実証レポート
・即プレゼント系レポート
・対談音声・動画レポート

 

無料レポートに書く内容は上記5つです。

 

この5つをあなたの知識や技術、人脈のレベルに合わせて
グルグル回していけばネタに困ることは一生ありません。

 

どうぞ実践してみて下さい

 

どうしたら沢山ダウンロードしてもらえるのか

レポートに書く内容については理解して頂けたと思うので

ここからは
「どうしたら作成したレポートを1人でも多くの人にダウンロードしてもらえるのか」 

解説していきます。

 

最初にあなたに知っていて欲しい事実があります。

 

それは読者はレポートをダウンロードするまで一切中身を確認できないこと

 

本屋のように目次を見て、あるいはパラパラと
めくってというような事が無料レポートスタンドは出来ません。

 

ではどこで
「よし、このレポートをダウンロードして中身を確認してみるか」という感情になるのか。

 

以下の4つで決まります。

 

・レポートタイトル

・レポートの説明文

・表紙画像

・アドレス入力ページの説明文

 

 

1つ1つ見ていきましょう。

レポートタイトル・説明文

下記画像は実際に掲載されている、とあるレポートです。

審査が通ると新着一覧に下記のように表示されます。

 

青い部分がレポートタイトル

黒い文字が説明文です。

「ネットビジネスの基礎的考え」というタイトル・・
すごくシンプルですね。ていうかシンプルすぎます。
これではどんな内容なのか、全くイメージが湧きません。

 

次に説明文。

「ネットビジネス初心者が分からない行動や考えを書き記した必ず役に立つ情報満載」

 

わずか2行では短すぎますね・・

そもそも初心者といっても

パソコン初心者なのか
ビジネス初心者なのか
やっているけど全然稼げないレベルの初心者なのか

分かりません。

 

必ず役に立つという部分も

どう役に立つのか
このレポートを読むとどうなれるのか

イメージが出来ません。

 

では今度は以下のレポートを見て下さい。


どうでしょうか。

先ほどのレポートに比べて格段に「読んでみたい」となりませんか?

 

違いはなんでしょうか。

 

 

・・・

 

 

単純明快です。

 

以下の3つの要素をレポートタイトル・説明文に使うようにして下さい。

 

1、ターゲットを明確にする

どんな状況のどんな人に読んで欲しいのか
ターゲット層を明確に書いて下さい。(八方美人ではだめ)

「なんとなく」の10人にダウンロードしてもらうよりも
「今まさにそんな状況でした!」という
1人にダウンロードしてもらう方が絶対にいいです。

 

2、具体的数字を使う

必ず具体的数字をタイトル・説明文に入れるようにして下さい。

数字という単位は絶対です。それだけ人を引き付ける魅力を持っています。

 

3、とにかくイメージさせる

これが一番重要です。

結局人は自分がイメージできないと絶対に行動しません。


だから

読んだらどういうメリットがあるのか
読むとその読者はどうなれるのか

明確に記しましょう。

 

 

以上赤字の3、出来れば全部入れるように考えてみて下さい。

 

以下はある月の新着レポートダウンロードランキング。

ボクのレポートが3位に入っています。

 

上位のものは3つの要素を満たしているのがお分かりになると思います。

↓↓

 

表紙画像

表紙画像はレポート一覧の左側部分に表示されます。


上記2つは悪い例です。

上の本の形は何も指定しないとこのように表示されます。
なんかチープで初心者っぽいですよね。

これだと読者は「中身もイマイチだろうな」と感じなかなかダウンロードに至りません。
表紙画像は必ずあなたオリジナルの物を設定しましょう。

次に二番目の表紙画像ですが・・文字が小さすぎます。
何が書いてあるのか、全然分かりません。このタイプの表紙も結構多いです。
(自分で客観的に見ないのかな・・)

 

ではよい例を以下に挙げます。


上記2つはいい例の見本ですね。

表示画像を見ただけでどんなものかが明確です。
文字も大きいので違和感なくはっきり読めます。

 

表紙画像の役割はとにかく他の人より目立つこと

そして見やすくイメージさせやすいこと

 

ぜひ意識してみて下さい。

 

表紙画像の作成方法について

画像加工ソフトGIMP(ギンプ)がおススメです。

画像加工はネットビジネスにおいて必須という訳ではありませんが
スキルとして身に付けておけば鬼に金棒です。
是非この機会に学んでみて下さい。ボクもすべての画像加工をGIMPで行っています。

こちらのサイトがおススメです。
↓↓
GIMPのダウンロード方法から詳細な使い方まですべてを分かりやすく詳細に

 

アドレス入力ページの説明文

タイトル・説明文・表紙画像を見て
気になったら読者さんはレポートタイトルをクリックします。

 

すると以下のようなページに移動します。

 

ここがアドレス入力ページの説明文です。
↓↓

 

ここは制限なく長文を書くことができるので
更に詳細なレポート内容やあなたの自己紹介を書くといいでしょう。

いわゆる「最後の一押し」ですね(^^)/

 

このアドレス入力ページの説明文に書くと
ダウンロードされる確率が格段に上がる内容を教えます。

以下の2つです。

 

1、レポートの目次

レポートの目次
(どんな内容で構成されているのか)を書きましょう。
簡素で構いません。

タイトル・説明文と同じく要は読者にイメージさせればいいのです。

こんな感じです。
↓↓

こうすれば否が応でもイメージ出来ますよね(^^)/

 

2、何でも聞いてOK!という事を伝える

レポートをダウンロードする属性は大半の人が右も左も分からない初心者です。

そんな人たちに「分からない事があれば何でも聞いて下さいね!」
という呼びかけをしておくことで
安心感を持たせることができダウンロードしてもらいやすくなります。

だから何でも聞いてOK!という文は必ず入れましょう。

こんな感じです。
↓↓

協賛ポイント制度を活用する

メルぞうには、【協賛ポイント】という仕組みがあります。
あなたが他の人のレポートをメルマガ等で紹介すると
そこからダウンロードされた数に応じてポイントが貯まり
そのポイントの数によって【協賛メルマガ】という所にあなたのメルマガが表示されます。

アドレス入力ページの説明文下の部分ですね。
↓↓

 

レポートをダウンロードする際には必ず2つを選んでチェックを入れなければいけないので
読者があなたのメルマガにチェックを入れるとその人のメルアドがゲットできる仕組みです。

あなたが紹介するのもいいですが
何よりもまず「あなたのレポートが他の人に紹介されること」を目指しましょう。

その為にはとにかく分かりやすく丁寧に作成します。

 

メルぞうプラチナ会員を活用する

無料レポートスタンドの基本的な利用は無料です。

完全無料でメールアドレスを集めることが出来ます。

 

ただそれ以上にとにかく

 

・楽に
・手っ取り早く
・効率的に

 

メールアドレスを集めたい!

という人向けにプラチナ会員という有料サービスもあります。

 

・・・

 

確かに最初はすべて無料で済ませたいしなるべくお金は使いたくないですよね。

 

ですがこの事前投資が出来るようになると・・

 

ビジネスの規模や稼ぐ額は一気に加速していきます。

 

プラチナ会員についてはこちらで詳細にメリットを
お伝えしていますので、もし興味があれば読んでみて下さい。

メルぞうプラチナ会員の詳細を見る

 

まとめ

ではどうしたら沢山ダウンロードしてもらえるのか、まとめます。

 

読者はレポートをダウンロードするまで中身が分からないので
以下の4つで興味を引き、イメージさせ、期待感を高める

 

・レポートタイトル

・レポートの説明文

・表紙画像

・アドレス入力ページの説明文

 

とにかく上記4つに全力を注ぐ

 

 

更に手っ取り早い方法として

 

・メルマガ協賛ポイント制度を活用する
・メルぞうプラチナ会員を活用する

 

以上です。

 

レポート審査に通る為に行う5つのこと

 

レポート掲載には審査があります。

これはメルぞうのスタッフがすべて目視で行っており、厳正に審査されています。

といっても構える必要はありません。これから書くことを守れば確実に1発で通ります。

 

ちなみに僕は・・

今まで審査落ちしたこと一度もありません。

 

では見ていきましょう。

 

人の写真や画像を載せない

自分の顔写真でもダメです。
当然ながらその人物があなたかどうか、メルぞうスタッフは分からないので。

人の写真・画像は掲載しないで下さい。著作権に触れる画像もNGです。

 

ただしアバターは大丈夫です。

 

レポートのサイズ(容量)を守る

レポートのサイズ(容量)が1,6MB以上の物は掲載することが出来ません。

もちろん画像を多く使ったり文字数が多くなるとどうしても
1,6MBを越えてしまうケースが出てきます。
そういう場合、レポートの本編をあなたのサーバーに置き
本編へアクセスするURLを掲載したペラ1枚のレポートをメルぞうに提出します。

レポート内に埋めたURLのリンク切れを無くす

レポート内のURLのリンクが切れている
(飛ばしたページが表示されない)と審査落ちしてしまいます。
掲載前に必ず全てのリンクが有効か、確認するようにしましょう。

レポート内にあなたの名前・連作先を入れる

どこの誰が書いたのか分からないレポートは当然受理されません。

必ずレポート内に

あなたの名前(ハンドルネームでOK
あなたの連絡先(メルアドorブログのお問い合わせフォーム)

を記載しましょう。

メルマガをやっている方は
メルマガ登録ページ(ランディングページ)も載せるようにして下さい。


社会的に不快な表現は入れない

社会的に不快な表現とは以下の物です。

・他人や団体の誹謗中傷
・政治的・思想的表現
・アダルトな表現

上記表現はアウトです。書かないようにして下さい。

 

 

以上となります。

 

お伝えした項目をすべて守れば大丈夫です。

 

簡単ですね(^^)/

 

知っているだけで得をする無料レポート裏技集


ここからは知っておくとお得な無料レポートの裏技をいくつかあなたに伝授します。

 

では見ていきましょう。

 

数回に分けたものを1つにまとめる

同じテーマでいくつかレポートを作成・掲載しそれをまとめたものを
「合作の超まとめレポート!」として
アップする、という方法があります。

 

例えば

1作目

【山口式ライティングスキル講座】ライティングのコツを伝授します。
どうしたら人の心は動くのか?その方法はたった3つの感情を知るだけ。
本日は【好奇心】のお話しです。

2作目

【山口式ライティングスキル講座2】欲望を刺激せよ。
どうしたら人の心は動くのか?その方法はたった3つの感情を知るだけ。
ライティングのコツを伝授します。

3作目

【山口式ライティングスキル講座3】恐怖を刺激せよ。
どうしたら人の心は動くのか?その方法はたった3つの感情を知るだけ。
ライティングのコツを伝授します。

4作目ここで上記3つをまとめたもの+α

【山口式ライティングスキル講座まとめ】3つの感情の伝え方。
ライティングのコツを伝授します。

 

こうすることで1作目からダウンロードしてくれた人は続きが気になるから
最終章まですべてダウンロードしてくれることにより、ある程度ファン化できるし
最初の3つに興味がない人でも4作目のまとめレポートだけはダウンロードしてくれたりします。
(人はまとめが大好きなので)

 

これはかなり使えるので是非やってみて下さい。

 

過去のレポートから探す

例えばあなたが書きたい「あるテーマ」があるとします。

 

でもどうやって書いていけばいいか分からない・・

 

大丈夫です。解決方法があります。

 

メルぞうでは過去のレポートをキーワード検索できます。

メルぞうトップページのこの部分です。

ここで検索をすれば大抵のテーマが出てきます。
その中からあなたが気になったものを選び、それを参考にレポートを書いていきましょう。

 

「内容が被る・・」なんて心配は皆無です。

そもそも内容が被らないレポートを探す方が難しいです。大抵の内容は被りますw

 

過去のレポートはこうして検索しないかぎり、即埋もれていくので気にしなくていいです。

 

ただし同じ内容でも必ずあなた独自の目線+あなたの言葉で書いて下さい。

最新情報等も入れるといいですね。

 

多少の被りはしょうがないですが、丸パクリは絶対にダメです。

 

というか・・

丸パクリしてもあなた自身が楽しくないと思います。

 

あなたの想いや独自の方法を読者さんに伝えることが
無料レポートを書くにあたっての強いモチベーションになります。

そこが情報発信ビジネスの一番の面白みであるとボクは思いますね。

 

無料で一生使えるテンプレートプレゼント

ゼロからレポートを作るには画像を用意したり、デザインや目次を考えたり・・

結構手間がかかりますしWord の高度なスキルも必要になりますので
最初からデザインや見出し
目次の設定ができている【テンプレート】を使用する事をお勧めします。

下のリンクから、10 種類のレポートテンプレートが
無料でダウンロードできますので、まずはダウンロードしてください。
表紙画像のテンプレートも付いてきます。もちろん完全無料です。

↓↓

無料でテンプレートをダウンロードする

 

終わりに、技術面で困ったら・・

以上で無料レポートの核となる骨組み部分全てをお伝えしました。

これでネタや書き方に困ることは絶対にありません。

ガンガンダウンロードされる方法も教えました。

 

ですが作成していく上でパソコン操作やツールの使い方など
主に技術面で分からないことが出てくると思います。

 

 

そんな時は・・

 

ネットで調べてみて下さい。

 

大抵のことは検索すれば丁寧な解説や動画解説したものが出てきます。

 

絶対に解決します。

参考動画
効率的な検索方法を知りたいあなたはこちら

 

技術面で挫折してしまうのはすごくもったいない事です・・

技術なんて一度やり方が分かればそれまでです。そこからは一生使えます。

 

ですがどんなに調べても分からない・・

 

そんな時は遠慮なくボクに聞いて下さい。

 

こうして無料レポート作り方を享受している以上
あなたには絶対に無料レポートで稼げるようになって欲しいです。

ボクにも責任があります。

 

宜しければこちらからどうぞ。
山口雅貴に質問してみる

 

こちらも参考までに

 

初心者でも分かるWord(ワード)の使い方

非常に分かりやすく丁寧に解説してくれているサイトです。

 

作成したWordをPDFファイル化する方法

作成した記事はPDFファイル化して初めてネット上にアップできるようになります。

 

そもそも文章の書き方が分からない・・あなたへ

ボクのブログで主に文章の書き方に関しての記事一覧です。

 

 

はい

 

無料レポート作成講座は以上ですべて終了です。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。

 

 

無料レポートを継続してコンテンツ化していけば

自動で集客し収益化できるネット上の
資産になるので
時間をかけて取り組む価値は十二分にあります。

 

 

あなたからの成果報告お待ちしていますね(^^)/

 

PS

書いたレポートを掲載するやり方はこちらで詳細に解説しています。
↓↓
メルぞうに無料レポートを掲載する手順、取得したアドレスのダウンロード方法を詳細に