• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもです、山口雅貴です。

 

本日はボクのコンプレックスのお話しをば

 

誰しもありますよね

コンプレックス・・

 

ボクも沢山ありますが

今日はそのうちの2つをお話したいと思います。

パチパチ・・・

 

という訳で1つ目

 

字が汚い

 

ヒドイです。

 

まあーーヘタですねえ

 

本当に嫌です。

 

手書きの書類書いたりするのが本当に苦痛でたまりません(^^)/

 

役所や病院に行ったり

会員カードを作ったりするときも本当に苦痛ですね・・

 

就活中の履歴書もたまらなく苦痛だったなぁー

 

 

 

でも字が汚いのには理由があります。

 

ボク両利きなんです。

 

具体的にいうと

物を書くのは右、箸も右

スポーツ全般は左なんです。
(テニス・野球・ボウリング・サッカー)

 

多分字は汚いのはこのせいだろうと勝手に思っています(^^♪

 

 

では2つ目

 

お酒が飲めない

 

これは体質なんでどうしようもないのですが・・

 

別に友達と飲むときはいいんですよ。

本当に調子がいい時は結構飲めたりもするし

 

 

本当に困ったのは不動産仲介会社にいた時ですね

 

まあ、あの時は飲み会が多かった・・

特に上司、先輩との

 

若手だと絶対断れませんから・・

 

で、「飲めないんです」と言うと

 

最初は「あ、そうなんだ」という感じなんですが
お酒が入り遠慮がなくなると
「なんで君は飲めないのだ。つまらん」とか
「お酒飲めないと出世できんぞ」なんてよく言われたものです。

 

当時は新卒でまだ心もまっさらだったので

「やっぱお酒強い方が得だなー。じゃなきゃ出世もできないのか」

と、本気で悩んでいましたね。

 

以上がボクのコンプレックスです。

 

では現在はどうか

 

現在は全く気にならなくなりました(^^)/

2つとも

 

なぜか?

 

それはネットビジネスに出会ったからです。

 

まず字が汚いこと

 

ネットビジネスにおいては全く関係ありません。

パソコンという素晴らしいツールのおかげで
こうした美文字であなたに言葉を届けることができます。

 

またこれからの時代
紙媒体はどんどん需要がなくなり
すべてが電子化されていくでしょう。

 

履歴書を何十枚も手書きで書くなんていう、メチャクチャ非効率なこともなくなるし

字が汚いからという理由で差別されることもなくなります。

うーん。素晴らしい(^^♪

 

お酒に関してもネットビジネスで酒の付き合いなんてものは
まったくもって不要です。

パソコン1台でビジネスができるので、煩わしい人間関係や行きたくもない
飲み会に駆り出されるなんてことは一切ありません。

 

 

本当にボクはネットビジネスで救われているなぁと思います。

 

2つのコンプレックスが消えたのですから

 

30年早く生まれていたら2つのコンプレックスで
ボクは劣等感の塊だったかもしれません。

 

今のようにパソコンはなく作成する書類はすべて手書き

その後は行きたくもない飲み会に駆り出され、飲酒を強要
(30年前だと一気飲みとかが普通の時代)

 

 

ウワー

考えるだけでしんどいです・・

 

 

ということで

情報技術革命万歳!

ボクのコンプレックスよ、さようならーー

 

というお話でした。

 

では本日はこの辺で