• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どうもです、山口雅貴です(^^♪
 
 
三太郎でおなじみauのCMがソフトバンクの
記録を抜き、好感度で32ヶ月連続1位を取得しました。
 
2014年12月から現在までぶっちぎりで1位だそうです。
 
 
そして、今携帯3社のCM闘争は
題名にある通り完全にドロ沼化しているんです。 




 
もはや差別化は不可能な業界
 
なぜか?
 
 
 
それは商品ではもう差別化が出来ないからです。
 
 
iPhoneが主流になり扱う商品ほぼ同じですもんね。
各社とも
 
 
 
だからひと昔前のように
機種や機能で選ばれる時代はもう終わったのです。
 
 
 
ではどこで差別化するのか?
 
 
 
 
それはイメージです。
 
イメージ
 
 
 
もうこれだけです。差別化できる部分は
 
 
 
そしてそのイメージを大きく左右するのが
 
 
CMですね(^^)
 
 
イメージ=すり込みです
 
あなたもお気付きの通り
携帯3社のCMは完全に物語形式でCMが構成されています。
 
 
 
その物語の中で
 
安いとか
早いとか
学割とか
家族割りとか
 
そういったセリフを言わせたり
イメージさせたりして
 
ボクら消費者にすり込みをしています。
 
 
 
当然物語には面白さが1番重要だから
 
いかに面白くストーリーを練って
視聴者に見てもらうか
いいイメージを持ってもらうか
 
 
 
3社のCM担当者はこの部分に全力を注いでいます。
 
 
 
 
またあれだけCMの移り変わりの頻度が早いのも
 
(ホント早くないですか?
気付いたらもう新シリーズですもんねw)
 
 
 
物語は何回か同じものを見るとあっという間に飽きられるので
あれだけのハイペースで新しいものをやり続けているんです。
 
 
 
2時間ほどテレビを見てたら必ず目にする携帯会社のCM
 
上記の事を知って改まって見るとなかなか面白いですよ(^^)
 
 
 
 
では本日はこの辺で